現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > これで安心!失敗しない塗装工事7つの防衛策 5回目

これで安心!失敗しない塗装工事7つの防衛策 5回目

甲府市、笛吹市を中心とした山梨県全域で外壁塗装・屋根塗装工事を承っております有限会社アマノ塗装店

ご訪問いただき、ありがとうございます。

本日の担当:ショールーム受付嬢(?)です
          
今日は曇り
ショールームから外を眺めてもど~んよりとしていて、テンションが上がりません(*_*;
全英女子オープンゴルフで1位になって、一躍、女子ゴルフ界のヒロインになった渋野選手。
誰にでも分け隔てなくふるまう、渋野選手の笑顔は最高ですね。
受付嬢(?)も「タラタラしてんじゃね~よ」食べたら、テンションが上がって、
最高の笑顔になれますかね~!?(笑)

 

今日からは、「7つの防衛策」の1つ目

 当社代表 “天野” のお話で、お勉強しましょう!!

これで安心! 失敗しない塗装工事 「7つの防衛策」

  防衛策1 見積書の比較の仕方

安心して頼める業者がいれば問題はないが、一生に1度か2度の屋根や外壁の塗装、
知り合いがいることは少ない。
まずは何社か見積を取り寄せる事になると思います。

そこで、見積書を見るポイントのお勉強!!!!!!

ポイント① 詳細な内訳書があるか?

  ・工程毎に、使用材料などの明細があれば良い。
  ・施工箇所の明記があれば良い。(施工箇所について口約束をしないのが基本)

塗装工事に限らず、リフォームでのトラブルの多くは、契約後の「言った」「言わない」の
口約束によるものが多い。
例えば、塗装工事が完了したというので確認したところ、ベランダ床の塗装が行われていなかった。
外壁塗装工事なのだから、外側は全て塗るものではないか!と当然思うが、
業者側は「ベランダの床は、床専用の塗料になるから別料金になる。床までは塗るとは言ってない」となり、
お互いに自分の意見を主張し譲らないとう結果になる。
こういったトラブルを未然に防ぐためにも、工事個所の名称が明記された書類が不可欠となる。


ポイント② 塗る面積は正しいか

 塗る面積が正しいか、判断をする。

数社から見積りを取ると、塗る面積が違うことが多い。

当社が行っている方法を紹介すると

塗り面積は、建てた時にもらう図面からひろい出す。

具体的には、立面図(家の形をしている)から、壁全体の面積を出した後、開口部(窓・玄関など)の
塗らない所を引くと、正確な塗り面積が簡単に出てきます。

図面のない無いときは、実測する。

一般的には、外周を測り、1階部分の高さを3mで計算して、壁全体の面積を出し、開口の3割を
引いた値が塗り面積となる。(建築基準で、開口部が3割以上)

 防衛策1のまとめ」
 ・見積書に、明細書と施工箇所が明示されているか確認する
 ・2社以上の見積書を比較する時にもその2点を確認する
 ・外壁などの塗り面積をきちんと出しているか!で、信頼できる業者かどうか判断する。

 思い込みはトラブルのもと!!!!!
 ※事前に、何をどこまでするのかよく考えて、営業マンに主張する必要がありますね。
  そしてそれが、見積書に反映されているかの確認をする。という事ですね。

 

  それでは、次回をお楽しみに(@^^)/~~~

 

ご相談お見積り診断無料です!!

0120-516-113受付10:00~18:00 火曜・水曜定休

お見積りのご依頼はこちら 来店予約はこちら

他社でお見積り中の方も大歓迎! 失敗しないためにもぜひ比較して下さい!!