現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > これで安心!失敗しない塗装工事7つの防衛策 15回目/甲府…

これで安心!失敗しない塗装工事7つの防衛策 15回目/甲府市・笛吹市の塗り替え専門店“アマノ塗装店”

甲府市、笛吹市を中心とした山梨県全域で外壁塗装・屋根塗装工事、雨漏り補修工事を承っております有限会社アマノ塗装店

 

新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さま、および関係者の皆さまに

心よりお見舞い申し上げますとともに、1日も早い収束を心よりお祈り申し上げます。

 

 

ご訪問いただきありがとうございます。

 

本日の担当:ショールーム受付嬢(?)です

    

 

今日は、1年間で1番、太陽が高くなる日となり「昼間の時間帯も長い日」。

地球が「銀河のセントラルサン」に1番近づく、2020年のターニングポイントとなる

「新月の夏至の日」で、「新月の夏至のパワー」が今日の15時41分に最大ピークになり、

心からの願いが叶いやすい♬そーなんです(#^^#)


強く願ってみませんか(⋈◍>◡<◍)。✧♡

 

 

またまた、お時間が経過してしまいましたが、前回の続き、

「失敗から身を守る住宅の知識」のお話を聞いてお勉強しましょう。

 

これで安心! 失敗しない塗装工事 「7つの防衛策」

 

外壁の構造・補修の目安③

 

住宅を長持ちさせるために、公庫監修の「住まいの管理手帳」からお手入れの目安を抜粋して、お話します。

 

「コロニアル屋根」

 

5年を過ぎると、表面の化粧層が取れだし、給水しだす。

白くなったり、苔が生えたりする。

更に進行すると、反って割れる。

 

塗装工事は、化粧層が取れだした時が一番効果的。

Wシリコン工法が一般的。

縁切りに注意して下さい。

 

15年を過ぎコロニアルの劣化が著しい場合や欠損が激しい場合は、

漏水の原因になるので、塗装工事は出来ません。

契約欲しさに、15年以上経っていて劣化が著しいのに、無理して屋根に塗装を薦める業者はやめたほうがいい。

 

「参考」

1回も塗装工事をせずに、カバー工法をされる方も多い。

カバー工法とは、コロニアルの上に金属屋根をかぶせる方法。

 

金属屋根は、非常に軽量なのでメリットは多い。

(10年保証~20年保証と保証が長い)

 

圧縮セメント瓦は、コロニアル屋根の住宅は避けるべき。

なぜか・・・

この屋根材は、坪50㎏あるので、施工すると数トンの重さが家にかかり、色々支障がでる。

和瓦(坪150㎏)からの吹き替えに使うのがいい。

 

セキスイ「Uかわら」・ナショナル「ニュウウエーブ」がある。

保証が無く、塗装工事が必要となる。

 

 

※縁切りとは、屋根の繋ぎ目の隙間が塗料により塞がるのを防ぐために隙間を入れることをいいます。

 縁切りには、縁切り工法とタスペーサー工法の2種類の工法があり、これらのどちらも縁切りといいます。

 

新築後1回目の塗装では、繋ぎ目の隙間が十分にあり、塗装をしてもまだ塞がらないため

縁切りの必要ありませんが、2回目以降の塗装で、繋ぎ目の隙間に前回までの塗料が残っていて、

そこに塗装をするこで隙間が埋まってしまうような場合には必要になります。

 

「コロニアル」はケイミュー(旧クボタ松下電工外装株式会社)が販売する

屋根瓦の商品名・ブランド名を示します。

カラーベスト、コロニアル=スレート瓦=薄型化粧スレート屋根等とは、

セメントと砂を主な原材料として作られています。

 

化粧スレートそのものを別名でコロニアルまたはカラーベストと呼ぶことが増えました。

したがってスレート=コロニアル=カラーベスト、商品名が違うだけで同じ物と考えて差し支えないでしょう。

ここではスレート屋根に用語を統一してご説明致します。

スレートは粘板岩を使用した建築材料全般のことを指しています。

そしてスレート屋根とは薄い板状の屋根材のことです。

瓦とは違い洋風のデザインの家に向いていることから、よく使われるようになりました。

 

今日もブログを読んでいただきありがとうございます。

 

それでは、また次回をお楽しみに(@^^)/~~~

 

 

💛アマノ塗装店は「甲府市、笛吹市を中心に」気軽に相談ができる

   《外壁・屋根塗装ショールーム》を展開しております♪

 

 外壁塗装・屋根塗装・雨樋・サイディングなどでお困りの方はお気軽にどうぞ!

 

      優良店・口コミ評判店目指して頑張ります!!

 

 

無料相談・お見積もり

アマノ塗装店ショールーム

 

 

ご相談お見積り診断無料です!!

0120-516-113受付10:00~18:00 火曜・水曜定休

お見積りのご依頼はこちら 来店予約はこちら

他社でお見積り中の方も大歓迎! 失敗しないためにもぜひ比較して下さい!!