現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > 塗料の種類③

塗料の種類③

みなさま、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店のアマノ塗装店です!

アマノ塗装店外壁塗装・屋根塗装専門店です。

甲府市・笛吹市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装の
プロフェッショナル集団です。

 

新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さま、および関係者の皆さまに

心よりお見舞い申し上げますとともに、1日も早い収束を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

皆様 こんにちは(*^^*)

今日の担当は、甲府ショールーム受付嬢(?)です

 

今回は、無機塗料についてお勉強していきたいと思います。

残念ながら、私が受付嬢(?)になってから、結構高額な無機塗料での外壁塗装は1回だったのですが
先日まで「MUGAシリーズ」の特別値引を行っており、
3名のお客様より無機塗料での塗装のご予約をいただきました。
ありがとうございます💖 仕上がりがとても楽しみです。

 

無機塗料とは・・・

無機塗料は、値段が高くても非常に耐候性が高く20年以上持つと言われ、
塗り替えに採用するとメンテナンス費用が大幅に削減できると、近年注目されている
ということですが、現在の屋根・外壁の塗装工事で使用されている塗料のほとんどは
有機塗料と呼ばれるものなので、無機塗料とは何なのかあまり知られていません。


無機塗料はほかの塗料といったい何が違うのでしょうか?

本当にメンテナンス費用を抑えることができるのでしょうか?

無機物は紫外線で劣化しないため、無機物自体は半永久的な耐久性を持っています。
無機物を100%使用して塗料を作ることができれば、半永久的な寿命を持つ塗料を作ることも可能です。
ビルのガラスが何十年経っても、劣化しないのと同じことです。

しかし実際にはそれでは固すぎて塗料として使用することができないので、
無機物の耐久性を活かしつつ、有機物を混ぜて作った塗料が無機塗料です

でも、無機物が何パーセント以上含まれていたら無機塗料というのか、という定義は特にないようです。

無機塗料には様々な種類があり、少しでも無機物が含まれていれば無機塗料と呼ばれていることがあり
中には質の良くないものや効果が実証されていない無機塗料を高額な値段で勧めてくる悪質な業者もいる
ようですので、無機塗料を選ぶ際には注意が必要です

 

無機塗料のメリット

耐候性が高い

無機物を主成分としているため、雨や紫外線の影響を受けにくいので
劣化しにくく、外壁表面を長期間にわたって保護します

フッ素を超えるほどの耐候性があるといわれています。

★カビ、こけが発生しにくい

カビやこけの栄養分である有機物の含有量が少ないため、カビやこけの発生を抑えます

★低汚染性と防汚性に優れている

無機物は親水性が非常に高く、表面に汚れが付着しても汚れを浮かせ、雨水で洗い流す特徴があります。
また静電気が起きにくいので、ホコリなどのゴミを寄せ付けない塗膜になります。

★不燃性がある

無機物は鉱物やレンガ、ガラスのことなので燃えません。
無機塗料は100%無機物ではないので全く燃えないわけではありませんが、
有機塗料と比べて火事の際などにも燃えにくいというメリットがあります。

 

いかがでしたでしょうか?

無機塗料が一般的になると、何度も塗り替える必要がなくなり、経済的には助かりますよね。
でも、そうなると、塗装をする人が減ってしまう・・・!?(笑)

では、では、
次回は、無機塗料のデメリットについてお勉強していきたいと思います。

                                                                       

 

 

地域密着だからこそ実現できる適正価格で
高品質な塗装をご提供いたします。

 

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、
誠心誠意対応させていただきます。

 

■アマノ塗装店は適正価格で高品質な塗装に自信があります!

■アマノ塗装店には、お客様から選ばれる理由があります!

ご相談お見積り診断無料です!!

0120-516-113受付10:00~18:00 火曜・水曜定休

お見積りのご依頼はこちら 来店予約はこちら

他社でお見積り中の方も大歓迎! 失敗しないためにもぜひ比較して下さい!!