現場日誌・現場ブログ塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場日誌・現場ブログ > 新着情報 > 色決めのヒント③

色決めのヒント③

みなさま、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店のアマノ塗装店です!

アマノ塗装店外壁塗装・屋根塗装専門店です。

甲府市・笛吹市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装の
プロフェッショナル集団です。

 

新型コロナウイルス感染症に罹患された皆さま、および関係者の皆さまに

心よりお見舞い申し上げますとともに、1日も早い収束を心よりお祈り申し上げます。

 

 

 

皆様 こんにちは(*^^*)

今日の担当は、甲府ショールーム受付嬢(?)です

1都3県のコロナ緊急事態宣言が解除になりました。
今年は、卒業式や入学式が行われるようで良かったですね
甲府ショールームの中から見える向かいの燈屋さんの桜がとても綺麗です🌸

 

今日は部位別のおすすめ色のお話です。
参考になるとよいのですが・・・

 

部位別のおすすめ色

 

軒天→薄めの色

軒天とは屋根の真下部分にある壁のことで、外壁から外側に出ている裏側です。

この場所は日があたらず、色が暗く見えます。

 

立体感のある家にするために、影になることを考えて薄めの色にしましょう。

白か外壁よりも薄い色にすると、室内から見たときも明るく見えます。

 

雨樋→外壁と同じ色

雨樋をアクセントに使う事もできますが、外壁と同系色にして雨樋の存在感をなくすのが無難です。

ただし、白は劣化が目立つので気をつけましょう。

 

庇→屋根と同じ色

庇は、外からは屋根のように見える場所ですので、屋根と同じ色にするのが無難です。

サッシの色に合わせてもいいでしょう。

 

雨戸→サッシと同じ色

雨戸の色は窓などのサッシと同じにすると統一感が生まれます。

 

破風→屋根と同じ色

破風は屋根と外壁の間にある部分で、屋根のしたや横から風が吹き込むのを防ぐ役割があります。

屋根と同じ色にすることで一体感が生まれます。

 

あくまでも、ヒントになるような無難なおすすめ色です。

 

次回は、色の見本と実際に塗られた色が違って見えるというお話です。

                                                                                               

 

 

地域密着だからこそ実現できる適正価格で
高品質な塗装をご提供いたします。

 

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、
誠心誠意対応させていただきます。

 

■アマノ塗装店は適正価格で高品質な塗装に自信があります!

 

■アマノ塗装店には、お客様から選ばれる理由があります!

 

ご相談お見積り診断無料です!!

0120-516-113受付10:00~18:00 火曜・水曜定休

お見積りのご依頼はこちら 来店予約はこちら

他社でお見積り中の方も大歓迎! 失敗しないためにもぜひ比較して下さい!!